いしもぐ

いしもの日常をただ淡々とつづるブログです。

MacbookProをヤマダ電機で買うのが安くて早くGETできる方法だよ

2016/05/08

人生初のMacbookを少しでも早くほしいがために、人生初の値切り交渉をして現金で安く購入できることが証明されちゃいましたので、同じ境遇で悩んでいる人はぜひ読んでいただきたいです。家電量販店でネットとほぼ変わらない金額で、その場でMacbookがゲットできちゃうので、とってもおすすめですよ。

スポンサードリンク


購入したMacbookのスペック

小学校低学年のことからwindowsに触れ始めてもう15年。僕はこれから新しい境地に入ります(笑)
MacbookProついに購入しました。購入した基本スペックはこちら
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
MacbookPro 2015年式
13インチ、SSD:256GB、メモリ:8G
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なんでこのスペックのものを選んだのかはこちらに書きました。

Windows歴15年のMac初心者がおすすめするMacbookの選び方|Reanoise

気になる金額は・・・?

普通にAppleで買っちゃうと
定価:¥172,800 (税別)
参考:Apple公式サイト

公式サイトで買うと¥172,800+13,824(税金)=186,624
・・・高っ!!!!!
これ書いてるときに公式の値段知ったけどバカ高いわ!
まあ公式なものって定価が基本だから高いよね。お菓子でも定価って安いから、スーパーってほんと偉い。
僕が本日ヤマダ電機で買った値段は
159,000です。しかも税抜き!公式に比べるとなんとマイナス¥27,624!!

安くないですか???
ちなみに価格.comで検索すると、本日11/2の最安値は・・・158,892
微妙にネットのが安い・・・(笑)
ならネットで買えばいいじゃんって思うじゃないですか。でも、ネットって届くまで時間かかるんですよ!
それなら同じ値段で、すぐ手元にってなると、ヤマダ電機行きましょうよ

ヤマダ電機で購入した理由

僕はよくネットショッピング、主に楽天を使っている人なんですけども、さすがにMacbookって高いじゃないですか?
もし初期不良があった場合って近くの家電量販店で初期不良だったら交換してもらえるでしょ?しかもすぐに。
Appleのコールセンターなるところに電話してもいいんだけど、Macって人気だから混んでるよね・・・
もしもの時のことを考えると、すぐに対応してもらえるのが家電量販店の魅力だよね。高いものならなおさら。

さらに、値段的にもポイントとか、少し交渉したらちょっとくらいは初めて交渉しても、値引いてくれるっしょという根拠のない自身がありました←これ重要!

実際に値引き交渉を開始してみた

実は結構初期からMacbookProを狙っていて、1週間前くらいに現地調査として、暴れる君みたいな店員さんにMacbookProについてあれやこれや聞いてました。値段的にも一般的な販売価格を聞いていた上で、本日暴れる君と本格的に値段交渉しました。

僕「暴れる君こんにちは。MacbookProの256GBのやつ購入検討してるんだけど、いくらくらいでしたっけ?」
まだここでは、購入の検討と言っておく。買おうと思っているのだけど・・・と言ったら、足元見られそうなので。
暴れる君「あれ?この前言わなかった?えっと...税抜きでこれだけだよ」
そういって電卓には¥164,800の数字。うん、それこの前見た(笑)。けどこの時点で定価より¥8,000安い。

僕「そうですかぁ。やっぱこれくらいしますよね...(しばらく悩む)」
ここで結構悩みます(悩んでるふりをすればいいですよ)高いのならネットで購入という奥の手がこちらにはあるので!
僕「ちなみになんですけど、これから値段って下がることはあるんですかね?」
暴れる君「ポイントが10%つきます。この値段から10%ですと¥16,480分のポイントがついて実質・・・
¥164,800+¥13,184(税金)ー¥16,480=¥161,504(税込み)となってお得ですよ」
確かにお得だ・・・
と思った方は冷静になりましょう。実際にこの場で払うのは¥177,984です。なんかお得感なくないですか
というわけで嬉しそうな顔を全くせずにさらに交渉。

僕「でもポイントって次きたときにしか使えないですよね。今特にほしいものはないですし・・・」
暴れる君「DVDドライブとかウィルス対策ソフトをポイントで購入すれば16,480分まで無料ですよ!」
僕「DVDドライブは必要になったら考えるし、ウィルス対策も無料のやつ使うのでいらないんですよ。あ、あとHDMIも持ってますので、これも不要です。ちなみに、ポイントつけないパターンってあったりします?一切ポイントつけないんだったかいくらになるんでしょうかね?」
使いました!秘儀ポイントいらない!!実際にポイントついてもほしいものがなかったり、あったとしてもネットのが安いことって実はよくあるんですよね。なので、ポイントが付かない場合の値段を聞くことが大切だったりします。

暴れる君「うーん。ちょっと待ってくださいね。」なにやら電卓を高速でぱちぱち・・・
暴れる君「ポイントなしだったら¥164,000くらいになりますね。逆にいくらなら購入しますか?」
暴れる君聞いてきたーーーー(笑)
ここは値切り初心者僕焦ります。本当は安いほうがいいに決まってる。けど、あまり安すぎる値段をいうと交渉になるのだろうか・・・ということで秘儀ネット価格参照!
僕「実はネットでも価格を調べていて、16万を切るくらいの価格だったら買う候補にはなりますね」
すると暴れる君がスマホを取り出して、価格comで探すと158,892。さすがにここまではいかないっしょと大人な僕は思った。暴れる君もちょっと苦笑い。なんか意識が共鳴した気分になった(笑)
暴れる君「16万ならちょっと何とかなるかもしれないです。16万ですよね?ちょっと確認してきますので、待っててもらってもおいいですか?」そういって暴れる君は去って行って3分後・・・。

暴れる君「16万(税込み)OK出ました。どうでしょうか?」
うっそ、ポイント10%つくより安いやんけ!!ちょっと心躍ったよ。
それでも僕は顔を縦に振らない(笑)
僕「16万ですか。確かに安いですね。でも、16万てそもそも高いじゃないですか?いまいち踏ん切りがつかないんですよね。よく販売の手法とかで、198(イチキュッパ)とかで200円より2円安いとか思うじゃないですか?例えば最初に提示してくれた額だって¥164,800じゃないですか?・・・」
僕「最後のお願いなんですけど、もう1000円とかって厳しいですかね?あーでも上にお願いするもの暴れる君ちょっと嫌ですよね・・・」
暴れる君「うーん。ヤマダ電機のクレジットカードってあるんですけど、これに申し込んでくれればもしかしたら1000円OFFも通るかもしれないですけど、どうですか?」
でた!ヤマダのクレカ勧誘!個人的にクレカは複数枚持ちたくないので、それなら1000円多く払っちゃってもいい人です僕は。
僕「それはちょっと嫌かな。500円でいいので引いてくれればすぐに買ってもいいんですけど・・・」
暴れる君「じゃあ、ちょっと待っててください。聞いてきます」
・・・数分後
暴れる君「(めっちゃガッツポーズしてる(笑))やりました。500円は中途半端なので、1000引きOK出ました。」
と、おもむろに契約書を書き始める暴れる君。あれ?一言も「買う」って言ってないような?
と思いつつまあいっか。暴れる君頑張ったもんね。あと僕も。
でも実は暴れる君の前に機能について丁寧に説明してもらった店員さんがいて、実際にその人の名刺を持っていったので、販売成果はその人のものになるみたいで、暴れる君かわいそ。
とおもいながら、購入しました!!!

念願のMacbookProゲット・・・?

そんなこんなで、結局ポイントなし
¥159,000(税込み)になりました!!
ネットと200円くらいしか変わらずに宅配を待たずにGetできますよ!

ふつうなら。
僕の場合は、なんか運悪くて在庫切れでした。実は最初から言われてたんですけど、まあいっかって(笑)
でも今週中には手元に届くのでいっかー。
こうなるとヤマダとネットのちがいそんななかったけど、値切り経験楽しかったのでよしとします。

まとめ

MacbookProは16万を切る値段でヤマダで購入可能。
運に見放されてる日の購入は、そんとき考えよう。

値切りテクまとめ
・購入したいと言わず、検討していると言おう。
・提示された値段に対して好印象を持たないこと。
・交渉によりポイントなしの現金還元の方が安くなる場合があるので聞くこと。
・ネットの最安値はチェックして店員さんにも伝えること。
・最後のダメ押しは意外と通る。
・暴れる君を見かけたら、その人はできる人!!

以上、ヤマダで安く購入した方法でした。

-Mac